天然由来の認知症予防薬で認知症のない世界を目指す


法人理念法人理念

研究について研究について

メディアメディア

会社概要会社概要

メディア

メディア

リファンピシンの認知症予防作用についての報道

2019年05月02日

テレビ朝日「羽鳥慎一モーニングショー そもそも総研
『そもそも既存薬を使ってアルツハイマー病を予防できるって本当?』」

2019年02月21日

週刊新潮「認知症1000万人時代に朗報!
「アルツハイマー」予防に劇的効果の既存薬」

2018年09月09日

日本経済新聞「アルツハイマー 治療より予防」

2018年02月04日

日本経済新聞電子版「安すぎて開発できず アルツハイマー病治療薬の苦悩」

2016年04月25日

日経バイオテク4月25日号「研究室探訪」

2016年04月04日

読売新聞(夕刊)

2016年03月30日

日刊工業新聞

2016年03月29日

NHK 「関西のニュース」
朝日新聞(夕刊)、毎日新聞(夕刊)、産経新聞(夕刊)

新しいタウ抗体開発についての報道

2015年02月10日

朝日新聞

2015年01月15日

日刊工業新聞

2015年11月10日

日本経済新聞、読売新聞、毎日新聞

2015年01月09日

NHK 「ニューステラス関西」「関西845」「ニュースウォッチ9」「BSニュース」
関西テレビ「ニュースJAPAN」
産経WESTウェブサイト

Aβオリゴマーモデルマウス開発についての報道

2010年04月13日

毎日新聞

2010年04月09日

Alzheimer Research Forumウェブサイト

2010年04月08日

NHK「おはよう関西」
朝日新聞、読売新聞、日本経済新聞、日経産業新聞

老人斑を形成しない遺伝子変異発見についての報道

2008年03月16日

毎日新聞

2008年02月28日

読売新聞

2008年02月27日

朝日新聞、日本経済新聞、産経新聞、日経産業新聞、日経バイオテクONLINE

2007年11月19日

Alzheimer Research Forumウェブサイト

学術論文

Umeda T, Tanaka A, Sakai A, Yamamoto A, Sakane T, Tomiyama T. Intranasal rifampicin for Alzheimer’s disease prevention. Alzheimer’s & Dementia: Translational Research & Clinical Interventions 4, 304-313, 2018.

Umeda T, Kimura T, Yoshida K, Takao K, Fujita Y, Matsuyama S, Sakai A, Yamashita M, Yamashita Y, Ohnishi K, Suzuki M, Takuma H, Miyakawa T, Takashima A, Morita T, Mori H, Tomiyama T. Mutation-induced loss of APP function causes GABAergic depletion in recessive familial Alzheimer’s disease: analysis of Osaka mutation-knockin mice. Acta Neuropathol. Commun. 5, 59, 2017.

Umeda T, Ono K, Sakai A, Yamashita M, Mizuguchi M, Klein WL, Yamada M, Mori H, Tomiyama T. Rifampicin is a candidate preventive medicine against amyloid β and tau oligomers. Brain 139, 1568-1586, 2016.

Umeda T, Ramser EM, Yamashita M, Nakajima K, Mori H, Silverman MA, Tomiyama T. Intracellular amyloid β oligomers impair organelle transport and induce dendritic spine loss in primary neurons. Acta Neuropathol. Commun. 3, 51, 2015.

Umeda T, Eguchi H, Kunori Y, Matsumoto Y, Taniguchi T, Mori H, Tomiyama T. Passive immunotherapy of tauopathy targeting pSer413-tau: a pilot study in mice. Ann. Clin. Transl. Neurol. 2, 241-255, 2015.

Umeda T, Maekawa S, Kimura T, Takashima A, Tomiyama T, Mori H. Neurofibrillary tangle formation by introducing wild-type human tau into APP transgenic mice. Acta Neuropathol. 127, 685-698, 2014.

Umeda T, Yamashita T, Kimura T, Ohnishi K, Takuma H, Ozeki T, Takashima A, Tomiyama T, Mori H. Neurodegenerative disorder FTDP-17 related tau intron 10 +16C→T mutation increases tau exon 10 splicing and causes tauopathy in transgenic mice. Am. J. Pathol. 183, 211-225, 2013.

Umeda T, Tomiyama T, Sakama N, Tanaka S, Lambert MP, Klein WL, Mori H. Intraneuronal amyloid β oligomers cause cell death via endoplasmic reticulum stress, endosomal/lysosomal leakage, and mitochondrial dysfunction in vivo. J. Neurosci. Res. 89, 1031-1042, 2011.

Tomiyama T, Matsuyama S, Iso H, Umeda T, Takuma H, Ohnishi K, Ishibashi K, Teraoka R, Sakama N, Yamashita T, Nishitsuji K, Ito K, Shimada H, Lambert MP, Klein WL, Mori H. A mouse model of amyloid β oligomers: Their contribution to synaptic alteration, abnormal tau phosphorylation, glial activation, and neuronal loss in vivo. J. Neurosci. 30, 4845-4856, 2010.

Nishitsuji K, Tomiyama T, Ishibashi K, Ito K, Teraoka R, Lambert MP, Klein WL, Mori H. The E693Δ mutation in amyloid precursor protein increases intracellular accumulation of amyloid β oligomers and causes endoplasmic reticulum stress-induced apoptosis in cultured cells. Am. J. Pathol. 174, 957-969, 2009.

Tomiyama T, Nagata T, Shimada H, Teraoka R, Fukushima A, Kanemitsu H, Takuma H, Kuwano R, Imagawa M, Ataka S, Wada Y, Yoshioka E, Nishizaki T, Watanabe Y, Mori H. A new amyloid β variant favoring oligomerization in Alzheimer’s-type dementia. Ann. Neurol. 63, 377-387, 2008.

ページトップ